薄毛治療の代名詞はプロペシア!まだ間に合う父の頭

飲んで薄毛を治療

【世界的にもはじめて医師が処方するプロペシアとは】
この薬は、AGA(男性型脱毛症)に悩む男性が服用する飲む薄毛治療の薬になります。
ちなみに、女性は効果が確認されていないので使用することはできません。
また未成年の男性も使用することは安全面などの理由から出来ないと言われています。
2005年から国内での処方はスタートしていて、世界では既に60カ国を超え、有効性の高さが伺えます。
プロペシアを用いた臨床試験の結果では75%の人に効果が確認され、
・「発毛が頭皮にみられる」
・「脱毛症の症状を遅滞させられた」
などが確認されています。
考え方によっては25%の人に効果はないので、それを高いと見るか低いと見るかは男性次第になります。
病院では2種類の用量が処方されており、0.2mgと1.0mgとなっています。
はじめての処方は大体、0.2mgとなり医師の判断によって適宜用量が増減するとされています。

【成分:フィナステリド】
フィナステリドは、酵素を阻害する作用を持っている成分です。
AGAの根本的な原因となっているのは「DHT」という悪玉性のホルモンですが、これを作り出すのが「5α-還元酵素」と呼ばれるものです。
なので、フィナステリドが酵素を阻害することで、悪玉性のホルモンが頭皮内で作り出されることを抑えてくれます。
薄毛治療を続けていくことで次第にDHTが頭皮内から数が減っていくので、脱毛症の症状を改善してくれます。

【副作用】
プロペシアは飲み薬である以上は、副作用がまったく無い訳ではありません。
起こりやすいものとして、
・めまい
・頭痛
・下痢
などの症状の報告が多いようです。
他には、10%の確率で起こるとされる「ED」や「性欲の減退」などが挙げられます。
「薄毛治療をしてたらEDになった…」なんてこともありますが、考え過ぎて思い込んでしまい発症することもあるので要注意。
服用の期間は最低でも半年から1年間とされているので、まずは続けていくことが大切です。

【併用して効果抜群】
成分には併用することで体に悪影響を及ぼすものが多々ありますが、それとは逆に相乗効果をもたらすものもあります。
ミノキシジルはプロペシアと同様に薄毛を治療する為の育毛成分です。ミノキシジルと併用して使用することでより高い効果が得られることは臨床試験で実証済となっていますのでこれから始める方、もしくは現状プロペシアのみを使っている方がいた際にはぜひともミノキシジルとの併用をお考えください。

プロペシアの効果や副作用について確認する